【インフルエンザワクチン接種のお知らせ】10/1よりインフルエンザワクチン接種を開始致します。ワクチン接種の方専用の待合室を準備しましたのでそちらにてお待ち頂けます。但し他の方への干渉を避けるため少しでも風邪症状のある方は必ずお申し出下さい(高度な症状や発熱がなければ接種自体は可能です)。

  • HOME
  • ニュース
  • 【インフルエンザワクチン接種のお知らせ】10/1よりインフルエンザワクチン接種を開始致します。ワクチン接種の方専用の待合室を準備しましたのでそちらにてお待ち頂けます。但し他の方への干渉を避けるため少しでも風邪症状のある方は必ずお申し出下さい(高度な症状や発熱がなければ接種自体は可能です)。

今年のインフルエンザワクチン接種は密を避けつつインフルエンザ流行前に接種希望者全員への接種を終えなければならないという大変難しい運用が求められております。

つきましては、迅速に接種が行え密をさける方式として、

●予約にて受付

●予約は3日先までを日々更新

●接種時期を以下のように分散

①10/1~10/14までは2回接種が必要な児の1回目と補助券の対象外の成人の方

②10/15~10/25までは65歳以上の高齢の方に集中して接種を行います

③10/26~11/14までは児の2回目の接種、補助券の対象外の成人の方

④11/15~は接種が終わっていない方全員を対象

の運用で成人への接種には看護スタッフにも加わってもらいワクチンの納入が可能である限り最後まで接種を続けて参ります。

本年のワクチン供給自体には問題はないようではありますが、政府から全員に接種が推奨された事や児童への接種券の配布により、接種希望者の増加に伴うワクチンの相対的不足が予想され希望者全員が接種できない状況を想定しており相当の危機感を持って準備を進めて参りました。

10月中はどこの施設でも十分ワクチンの在庫を有していると思われますし、2回のワクチン接種が必要なお子さんをお持ちの若い世代の親御さんへのご負担軽減を図る事を考えて行ってきた取り組みも今年は児童は接種券利用でどこでも1000円程度の負担で接種が可能である事より児においてはどこで接種しても負担が少ない状況にありますので、成人の方におかれましても会社での接種を積極的に利用して頂き、どの方も費用に関わらず接種場所が確保できた方からその施設にて積極的に接種をお受け下さい。

今年のインフルエンザの流行は例年より1ヵ月以上早く終了しましたし、今年は夏風邪の流行がほぼなかった事や南半球ではほぼインフルエンザの流行がなかった事を考えますと現在の感染予防の効果は大変有効に作用しており今年は日本でもインフルエンザの流行は相当抑えられ早くに流行は終了する事が予想されます。

早く接種したら春に効果が無くなるのではというのはコロナ前の時代の考えの一つで、インフルエンザとコロナの同時感染の経過が大変厳しい事を踏まえてワクチン接種が推奨されている訳でインフルエンザ症例がでる前に全員が接種を終えている事が大切ですのでコロナ時代においては例年より早い10月からの接種でも接種時期が早すぎるという事はありません。

【インフルエンザワクチン接種】

密を避けるべく前述の運用を基本に接種を進めて参ります。そのため本年は、10月中は当院にしか接種場所を有していない方の接種をまずは集中的に行う時期にあてさせて頂きます。

《受付》

●予約にてお伺い致します

ホームページより朝6時に3日先までのご予約を頂く事を日々繰り返していきます。

ネット環境のない方は窓口やお電話にてご相談下さい。

《接種期間》

可能な限り下記のスケジュールにて接種日を分散した接種にご協力下さい。

●6ヵ月~12歳児(10/1より補助あり)の1回目、13歳児~補助券の対象外の成人の方:10/1~10/14

●65歳以上の高齢の方(10/15より補助あり):10/15~10/25

●6ヵ月~12歳児(10/1より補助あり)の2回目、13歳児~補助券の対象外の成人の方:10/26~11/14

●11月15日~はまだ接種できていない方全員を対象に受付を行います

(12月~はワクチンは無くご提供できない可能性が高いと考えて早めに接種を受けて下さい)

《費用》

1回 2800円

65歳以上の方では接種券が郵送されて参りますのでそちらをご利用頂きますと一部負担額(1600円)での接種となります。

6ヵ月児~小学生まで(中学生は市町村単位で対応が異なります)は当院では窓口負担なしで接種が受けられます。

接種券は富山県のホームページからダウンロードも可能ですが窓口でもその場でお渡しできます。

【なお、以下の方で予約が取れない方はお電話にてご相談下さい】

●慢性期疾患に対して定期的にご通院を頂いております方(受診と一緒に接種される方は予約は不要です)

●生後2ヵ月より当院にて定期ワクチン接種を行っております児

●65歳以上のご高齢の方

●心臓や肺に重篤な疾患をお持ちで感染予防が必要な方

●行政がかかりつけ病院として定義をしております年4回以上の受診歴が当院にお有りの方(お名前とかかりつけの旨を電話口でお伝え下さい)

ではいつでも接種にご来院下さい。

ただし、本年は相対的なワクチン不足を想定しておりますのでとにかく早め早めの対応を行って頂き遅くとも11月中旬までには接種を終えて頂くようにお願い致します。

以上がコロナ禍での大変難しい運用を強いられる中で、密の回避、迅速なワクチン接種、共益性の全てを損なわない唯一の運用方法と考えた方式です。

全てにおいてこれから新しい常識を作りあげていかなければならなくなった我々の生活の中で厳しい条件の中でのインフルエンザワクチン接種方法としてご提示をさせて頂きましたが、これから毎年改良を加えていかなければならないもので本年は全く手探りの中での運用となりますので問題は多々生じてくるものと思いますが地域全体で力をあわせてコロナ禍での初めての冬を乗り切れたらと考えております。

 

最近のお知らせ