【高齢者の新型コロナウイルスワクチン接種が始まります】高岡市は5/6より予約が開始され5/17より接種が開始となり、市役所の窓口を介して予約をお取り頂く事となります。当院も接種事業に参加して参ります。

  • HOME
  • ニュース
  • 【高齢者の新型コロナウイルスワクチン接種が始まります】高岡市は5/6より予約が開始され5/17より接種が開始となり、市役所の窓口を介して予約をお取り頂く事となります。当院も接種事業に参加して参ります。

5/6より予約が開始され、5/17より接種が開始となります。

当院も接種事業に参加して参ります。

今回は市役所に設置されました窓口から空きのある接種場所と時間を選んで接種の申し込みを行って頂きご予約を頂いた施設とお時間にご足労を頂いて接種を受けて頂く方式となっております(郵送されて参りました書類に記載されております)。

今回アナフィラキシーの出現の観察や対応のため接種後は15分以上の待機を行って頂く必要がございます。

一般診療を維持しつつ密にならないよう接種後お待ち頂く場所を別途確保しなければならない事が今回の接種の最大の問題で、更に当院では風邪症状のある方とない方で待合室から分けておりますので待機場所が限定され月300名程度の新規接種の受け入れとなる見通しです。

全く足りないと認識をしており接種を進めていく中で問題点の抽出を行い受け入れの拡大を図っていく予定でおりますが、基幹病院さまでは大人数の接種枠が設けられるものと思いますので早めの接種をご希望の方はそちらでの接種も選択肢に入れてお考え頂けましたらと思います。

世界的にこれまで接種をされた方からわかってきた事は、感染予防や重症化防止に対する有効性が非常に高いワクチンである事、変異株に対する特異抗体反応は乏しいものの変異株に対しても感染予防や重症化防止に必要な水準の抗体の獲得には至っており有効であるとの見解、特に2回目接種時の軽微な副反応は1/3-1/2の方で認められ若い方で多く認められる傾向にありこればかりは容認しなければならない事です。

接種不可の方は本ワクチンに対して高度なアレルギーを有する方とされており、また先日米国のCDC(疾病予防管理センター)から妊婦さんに対するワクチンの安全性が発表され接種が推奨されるとの報告がなされましたので、現時点では16歳以上の全員で一回目のワクチン接種は可能と考えています。

アナフィラキシーのような重篤な副反応は接種後30分以降に起こる事は非常に稀というのがワクチン接種の常識的な考えで今回は15-30分の接種施設で滞在して頂き観察を行う事が接種の条件となっていますから過剰な報道の影響を受けすぎるのもどうかと思っており、私も接種対象者ですので接種するかどうか決めないといけない立場にありますが個人的にはアナフィラキシーは適切に対応すればいいものであってあまり気にしても仕方なく頭痛や発熱などの軽微な副反応がつらそうで嫌なのですが今回ばかりはそれは容認するしかなく現状を考えると接種しないという選択肢はないと考えており接種を希望致します。

世界的には接種が進んでいる地域では感染対策を続けつつも生活が正常化に向かいつつある地域も出てきているようですし、今回の接種が免疫の基礎となりこれに例年接種を追加していき免疫を強固なものにしていく事で数年後にはじめて恐れるに足りないウイルスになるのでしょうし、ワクチン接種で感染者が減り総感染者数が減ると思いますのでこれを集団免疫が獲得されたと言われるのかと思いますが実際は未接種者の感染や重症化リスクは何ら変わらない訳ですのであくまでも接種した人だけの個人免疫だと考えており医師という立場的にも私は全員に接種をお勧めする立ち位置にはおりますが、接種は決して強制されるものではありませんのでご自身でよくお考え頂き決めて下さい。

あらゆるワクチンの接種と例年突出した数のインフルエンザワクチン接種を行ってきた経験と長年心臓の専門医としてあらゆる心臓や血管の疾患に対し命に直結した最前線で仕事をしてきた救急医療の経験を活かし急変時への十分な準備のもと細心の注意を払って接種を行って参りますので接種をご希望の方は高岡市役所の窓口より申し込みをされて下さい。

 

最近のお知らせ