もっと自宅抗原検査を活用して頂かないと診察をお受けできない方を一向に減らせません。この冬のインフルエンザとの同時流行に対応するには自宅抗原検査は不可欠で積極的に行って頂く必要があるため自宅抗原検査を行われていない方の受付を縮小していき(冬の状況によっては受付の中止が必要だと考えています)その分を検査を行って頂いた方の受付に回させて頂きます(不要な検査を減らし診察人数を増やすため陰性の方だけに検査を行っていくのが目的ですので結果は特に問うものではありません)。診察料も自宅抗原検査陽性で治療をされた方だけは全額公費となる利点もあります。現在の感染者の特徴は高熱のため37度台の発熱ではどんな精密検査を行っても陽性とならない感染者(1-2日後に発熱して陽性)が多発しておりどうにも評価のしようのない検査が大変多くなっています。あと今のコロナは咳はあって軽度で鼻汁はほぼ認めませんのでコロナだけを念頭におくのではない総合的に正しい治療を受けて下さい。より正確な評価を希望されるのでしたら微熱で病状が安定している濃厚接触者でない方は翌日の検査をお勧め致します。

  • HOME
  • ニュース
  • もっと自宅抗原検査を活用して頂かないと診察をお受けできない方を一向に減らせません。この冬のインフルエンザとの同時流行に対応するには自宅抗原検査は不可欠で積極的に行って頂く必要があるため自宅抗原検査を行われていない方の受付を縮小していき(冬の状況によっては受付の中止が必要だと考えています)その分を検査を行って頂いた方の受付に回させて頂きます(不要な検査を減らし診察人数を増やすため陰性の方だけに検査を行っていくのが目的ですので結果は特に問うものではありません)。診察料も自宅抗原検査陽性で治療をされた方だけは全額公費となる利点もあります。現在の感染者の特徴は高熱のため37度台の発熱ではどんな精密検査を行っても陽性とならない感染者(1-2日後に発熱して陽性)が多発しておりどうにも評価のしようのない検査が大変多くなっています。あと今のコロナは咳はあって軽度で鼻汁はほぼ認めませんのでコロナだけを念頭におくのではない総合的に正しい治療を受けて下さい。より正確な評価を希望されるのでしたら微熱で病状が安定している濃厚接触者でない方は翌日の検査をお勧め致します。

最近のお知らせ