本日よりインフルエンザワクチン接種を開始致します。本年は密回避、相対的ワクチン不足の懸念により10月は当院でしか接種を受ける場所を有していない方や健康弱者への接種を最優先に行って参ります。高齢者のワクチン接種は接種券が10/15より利用可能のため10/15より開始していきます。本年は大変需要が高い事に伴い相対的ワクチン不足が懸念されますので1日も早い接種をお願い致します。

  • HOME
  • ニュース
  • 本日よりインフルエンザワクチン接種を開始致します。本年は密回避、相対的ワクチン不足の懸念により10月は当院でしか接種を受ける場所を有していない方や健康弱者への接種を最優先に行って参ります。高齢者のワクチン接種は接種券が10/15より利用可能のため10/15より開始していきます。本年は大変需要が高い事に伴い相対的ワクチン不足が懸念されますので1日も早い接種をお願い致します。

新型コロナウイルスが問題になっている時になぜインフルエンザワクチン接種が推奨されるのかについては、インフルエンザと新型コロナの重複感染の経過が重いというデータに基づいており現在予防策や治療薬のあるインフルエンザの対策を基本方針に考えられておりインフルエンザの流行前に全員が接種を終えている事が重要です。

コロナ前の時代はゴールデンウィーク辺りまでのインフルエンザの流行を想定してワクチン接種を行ってきましたが、現在の国民の徹底した感染対策は感染症に非常に有効に作用しており本年のインフルエンザの流行は3月には終わっていて例年より1ヵ月以上早く終了している事を考えればあの頃より更に感染対策が徹底されている現在の状況を考えますと昨年までより1ヵ月早めの接種には何ら問題はないと考えます。

この事が本年は例年より1ヵ月早い10月からの接種を行う事の最大の理由で、昨年までの常識はコロナ時代では非常識になっていることも少なくありませんのでその時代に則した思考で早めの対応をお願い致します。

本年は需要の高まりからインフルエンザワクチンの相対的な不足が予想され希望者全員が接種を受けられるだけのワクチンはないと考えております。

11月からは早くも在庫確認を要する状態に突入するとも考えておりますのでご希望の方はとにかく早めに接種をお受け下さい。

最近のお知らせ